アジョブジ星通信

日常系バンザイ。

気持ちを言葉にする練習

昨日「勉強するぞと意気込んで始まった高校最後の夏休みも残り半分を切ったにもかかわらず、総勉強時間がいまだ 1 時間いってるのかどうか疑問な今日このごろ」なんて書きましたが、そもそもなんで勉強する気が起きないんだという話。頭で考えて書いているかもしれないので本心が自分でもわからないですが、書いてみる練習。練習。

勉強する気が起きない原因は多分夢がないからです。「大学に行ってあれがやりたい」ということが特に思い当たりません。自分には「ソフトだけじゃなくハードもいじれるようになるべきだ」と言い聞かせてますが、そこまで野望があるわけでもなく、むしろ大学に行ってまた勉強漬け(特に数学とか)になると考えるとそのつらさもでかそうな気がします。大学に行ってきちんと理論に裏付けされた技術を身につけるべき、そうは思いますが、「そうするべき」であり「したい」にはどうしてもなりません。

一応志望校は電気通信大学(大阪ではない)と言っています。正直進学推進校(笑)の中で人並みに勉強をすれば合格できるレベルだと思っています。でも人並みに勉強していないので、今のところ進研模試による判定は C です。このままではなかなか苦 C です。でも、その結果を見たところでやる気は沸きませんでした。つまり目指す気はあまりないということなのでしょうかね?

弱い人間なので TL の頭の良さそうな皆さんを見て「あーーー」と言うことしかできません。皆さん頑張ってください。僕に夢をください。できることならオタクコンテンツを永遠に消費するだけの生活をしたいけれど。